「ものもらい」を英語で何と言う?(英/中)

私はアメリカ生活20年近くで、医者も歯医者も英語で対応します。これまで自分を現地の環境に放り込むことで言語を学んできました。主婦は家族の健康管理もしなければいけません。私は事情があって普通の人より医療関係者と連絡を取ることが多いのです。以前の英語ブログで医学の英語があるのも、そういう理由からです。

最近は「ものもらい」を英語で何と言うのか学びました。子供がしきりに目をかくので、医者に連れて行くよう学校から言われました。大したことでないことは私は分かっていましたが。案の定、ただのものもらいでした。

「ものもらい」はまぶたにできるものですね。日本語のこの言葉は文字通りには「ものをもらう」という意味なので、おかしい限りです。英語ではこう言います。

stye, sty  (表記はこの2つあります。)発音はカタカナで書くと「スタイ」または「スタァーィ」のように聞こえ、「ァ」にアクセントです。これは数えられる名詞。

例文)My son has gotten a stye on his eyelid.  「息子のまぶたにものもらいができた。」

医者によると、ものもらいの治療法は温かいタオルを当てることだそうです。

上の写真は私がものもらいをもらった(!?)時、撮ったものです。黒目の中心から下に行ったところの下まぶたに小さな白いものもらいがあります。小さすぎて分からないかもしれません、、、。

ちなみに中国語で「ものもらい」は、

(簡体字)针眼(zhēnyǎn)

(繁体字)針眼(zhēnyǎn)

医学的には日本語で「麦粒腫」と言うらしいですが(聞いたことない)、それを中国語では、

(簡体字)麦粒肿(màilìzhǒng)

(繁体字)麥粒腫(màilìzhǒng)

だそうです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s