私には「ハレの日」がないけど、、、

小学生の時、こう習いました。人には「ハレの日」と「ケの日」があって、バランスがとれている。柳田國男の言葉からです。「ハレの日」は昔で言うとお祭りなどの「非日常」、「ケの日」は「日常」を指します。

私はこの年齢になって、この「ハレの日」「ケの日」という言葉が非常に気になります。なぜなら、今の私には「ハレの日」がなくて、「ケの日」ばかりだからです。

人間は何か特別で楽しいことがなければ、幸せに生きていけないと感じます。

私には「お出かけ」がありません。つまり日帰り旅行とか、どこかに時間をかけて遊びに行くということがありません。外食もあまりない。レストラン食をテイクアウトして家で食べることはあります。私の外出は、食材や日用品の買い物と服類のショッピングとジムくらい。近くの公園や図書館に行くことはあります。それ以上の外出はありません。平日も土日もあまり関係ない。ほとんど家にいます。365日、過去何年間にも渡って私の生活は毎日同じです。特別なことはあまりありません。もう過去5年くらい旅行はしていません。もちろん日本にも帰国していません。今後も旅行の予定はなし。だから、レストランやお出かけスポット、日帰り旅行スポット、旅行に関するものは読みません。読んだところで、ガックリくるだけです。

夜は、食事も落ち着いて取れず、テレビも平和に見れず、食器洗いを10分も続けてできないストレスのある生活をしています。私には細切れの時間しかありません。

以前は普通の生活ができていました。しかし、あることが理由で以前のような普通の生活ができなくなり、人生は一転しました。でも、まだ生きていかなければいけません。不幸を感じたままでは生きていけないことが分かりました。不幸の中に、どこか小さな幸せや希望を見つけないといけないんです。

シリアの戦場に住んでいて、いつ爆弾が落ちてくるのか、いつ地雷を踏むのか分からない生活よりはマシだろうと考えて生きています。屋根のないところに住んでいて、毎日食べるものがない人よりはマシなんだろうと思って生きています。

そこで、私がやっていることは在宅で楽しいことをすることです。☺ 私は外出に制限があります。その理由は考えたくもなく、書きません。別に私の足が1本ないとか、私が重病であるとか、そんな理由ではありません。とにかく今の世の中、在宅でできることはたくさんあります。今はオンライン翻訳が楽しくて、それをやるために毎朝起きよう!と思います。楽しいことをして生きていきましょう。今後はさらに翻訳の勉強をして、オンライン翻訳から脱皮することも考えています。私にできるだろうか?とか、私の状況下でできるのだろうか?とか考えるのをやめました。何事もやってみないと分からない。やってみてダメだったら仕方ない。死に際に、あぁ、あれをやっておけばよかった、これをしておきたかったと後悔したくないです。とにかく、やりたいことは今のうちに何でも挑戦しておこうと思います。どうせ私には「ケの日」しかないので、在宅「ケの日」の中で楽しいこと・やりたいことをしていくつもりです。☺

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s