子供が休みの平日、1日8時間の労働時間が取れるかどうかシミュレーションしてみた

こういう日があるわけです。平日なのに、子供は学校が休み、、、。

そこで、そんな日でも1日8時間翻訳する時間が取れるのかどうかシミュレーションしてみました。特に手のかかる子の学校が休みの日に。

早朝に起きてから、午前9時までは普通の日と同じ。学校に行かない日だけど、子供の弁当(昼食)も午前9時までに作っちゃいました。午前中は子供はおとなしいのです。それをいいことに、いつも通りオンライン翻訳の仕事を取りながら、仕事がない時は翻訳の勉強。午前9時から午前12時の間、2時間強はオンライン翻訳の仕事をしました。仕事がない時は翻訳の勉強を。だから、3時間弱の労働時間が午前中に取れました。つまみ食い(?!)をしながら、私のエネルギーや集中力も続きました。

そして、正午に子供に昼食を食べさせ、自分は昨晩の残り物を温めて食べ、片付けが終わったら1時半になっていました。ががーん。それに、やる気も集中力もありませんでした。そこで、洗濯物を片づけたり、掃除機をちょっとかけたりしました、、、。そうこうしているうちに、子供は部屋の片隅で鼻血を大量に出して、ちょっとした殺傷事件のようになっていました。ひえーっ。しかも、血が布のソファーにまで付いている。おもちゃの溝にも入っている。うわーっ。血の片付けは嫌になって、完全にはしませんでした、、、(また明日しよう)。私はプンプンでした。でも、プンプンしたおかげで全身に血が回って元気になりました。☺ そこで、悔しさもあり翻訳に戻ることに。

翻訳の勉強をもう1人の子が帰ってくる3時までにやる!そう決めて、やりました。でも、30分くらいでしたかね。ハハハ。その後、午後3時半から5時まではオンライン翻訳の仕事と翻訳の勉強ができました。

夕方5時からは夕食の準備です。最近は時間をかけない夕食作りを実行しています。そうすることで体力温存もできる。それでも、すべての片付けが終わったら7時半。ま、ちょっと事情もあるんです。

夜7時半から8時半までは、なるべく自分の時間にすることに決めています。つまり、オンライン翻訳の仕事を取りながら、翻訳の勉強をするんです。1時間弱の時間が取れました。8時半からは子供の世話をして、9時には子供をベッドへ連れて行きます。

さて、ここまでで翻訳のための労働時間は6時間くらい取れました。夜9時から普通30分くらいシャワーを浴びます。なので、あとの2時間は夜9時半から11時半までの時間を使わなければいけません。

ギリギリ8時間の労働時間が取れたわけです。こんなことで本当に1日8時間かそれ以上働かなければいけない翻訳者としてやっていけるんでしょーか。疑問ですが、やってみるしかないかと思っています、、、。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s