子供が学校へ行った日、何時間の労働時間が取れるのかシミュレーションしてみた

子供は毎日学校へ元気に行くとは限りません、、、。学校へ行ってくれると万々歳です。

子供がちゃんと学校へ行った日、私が翻訳をする労働時間が何時間取れるのかをシミュレーションしてみました。なんでこんなことをしているかと言うと、将来的に1日8時間かそれ以上働かなければいけない翻訳の仕事をしたいからです。

子供たちが学校へ行ってしまうと、朝の9時前です。いつもその時点でオンライン翻訳の仕事がないかチェックします。仕事がなければ、食器洗いをします。普通、食器洗いは9時までに終わらせるので、朝9時から私の労働時間の換算をします。

この日は朝9時から正午くらいまでの時間に、オンライン翻訳のテストから始め(レベルアップテストを受けている途中です)、次にオンライン翻訳の仕事をして、映像翻訳を勉強するため映画を見ました。オンライン翻訳は大きめの仕事が取れました。最近はオンライン翻訳の仕事が順調です。このことについては、また書きたいと思います。

正午前後、ランチを取りながら、続けて映画を見ていました。そして、どうしても出かける用事があったので、午後1時には出かけました。ついでに、食材の買い物も軽くすませ、午後1時40分には帰宅していました。そこから、またオンライン翻訳の仕事。もう1つ大きめの仕事が取れました。☺ ちょうど3時頃、その仕事が終わったので、パソコンをシャットダウン。

3時過ぎには子供たちが帰ってきます。運動は毎日することにしているんですが、この日はしていなかったので、外が見える窓に向かってストレッチをしながら、子供たちが帰ってくるのを待ちました。

子供の世話をしてから、午後4時から5時の間に時間が取れましたが、正味40分くらいでした。映画の続きを見てました。映画を見ながら、字幕と吹き替えの研究(!?)を最近始めました。大変おもしろいです。戸田奈津子さんの翻訳で、本来のセリフに演出が加えられているのを見つけました。元のセリフは特におもしろくないものですが、登場人物のキャラを生かした内容の字幕に変わっていました。

さて、5時からは子供の世話と夕食作りです。この日は超簡単なものしか作らない!と決めていました。片付けまで終わったら、7時でした。上出来です。ハハハ。

夜7時から8時の間は翻訳のテストと勉強をしながら、子供の世話も。細切れの時間です。正味40分くらいでしたか。

夜8時からは30分間、翻訳の勉強をしながら、オンライン翻訳の仕事も取っていました。ここまでで、翻訳のための労働時間は約6時間。

あとの2時間は自分がシャワーを終えた後の9時半以降になるので、11時半まで働けば、だいたい8時間の労働時間が取れることになります。

やっぱり、ギリギリ8時間の労働時間が取れました。8時間では足りないような気が、、、。足りなかったら、午前様で仕事しなきゃね。そんなことはあまりしたくないですが、、、。8時間以上の時間が必要なら、

  1. 夕食を作らない
  2. ベビーシッターを雇う

ことも考えています。

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s